薬剤師アモーレのブログ

お薬業界について感じたことをつらつらと。

メディカルライターに転職した薬剤師の体験談|仕事内容は?副業・在宅ワークは可能?

こちらの記事ではメディカルライターと言われる仕事についての全てをご紹介します。

コロナ禍を受け在宅ワークが流行ってきた辺りから、在宅ワークができる(とイメージされている)メディカルライターの需要の高まりを感じます。
ところが、巷で紹介されているメディカルライターの仕事内容については、実際に仕事をしていた私からすると「あれ?違うかも?」ということが多々あります。
今回は、実際にライターとして働いていた経験を踏まえ、メディカルライターについて徹底的に調査しました。

メディカルライターに挑戦したい方、在宅ワーク・副業できる仕事を探している方は是非ご覧ください。

 

 

メディカルライターの仕事内容は?

健康や医療に関する専門的な情報を文章で発信する仕事が「メディカルライター」と言われています。
大きく、3つに分けることができます。

 

クライアントがWEBサイト関連の場合

健康サイトの医療情報、転職会社のサイトに掲載する薬剤師向けコラム、病院・調剤薬局・ドラッグストアのサイトに掲載する一般の方向けコラム等、未経験の方がイメージするメディカルライターがここに当てはまるかと思います
クラウドソーシングサイトとして超大手のランサーズ、クラウドワークス などから「薬剤師」のキーワードで求人を検索することはできますが、有資格のライター未経験者がこの分野で働くことはおすすめできません。
何故なら、フリーランスとして在宅ワークをすることになり、誰もやり方を教えてくれないため、全て自己流・自己負担(書籍等)でライター業務をこなすことになるからです。
医薬品業務に携わることもできず、せっかくの薬剤師免許がとてももったいないです。

 

医療系広告代理店・医療系出版社で働く場合(稀に製薬会社も)

医薬品のプロモーション資材全てを作成します
秘密保持が原則となりますが、医療現場では知ることができない医薬品の機密情報を知ることができます。
医療現場の薬剤師になじみあるものとしては、医薬品パンフレット、添付文書、インタビューフォーム、患者さん向け資材が「プロモーション資材」にあたります。
その他、MR(医薬情報担当者)が薬を勉強するための資料、こっそり隠し持つ医薬品Q&A集、得意先での説明会用PPT(パワーポイント)、医薬品のPR論文の作成、学会発表(海外含む)の記録記事の作成等があります。
こういった資材はそもそも製薬会社で作成していましたが、新薬はなかなか発売されません。
新薬が発売される時だけプロモーション資材を大量に作成するけど、新薬が発売されないと関連部署の仕事は・・・。
人件費がもったいないと感じたのでしょうか。
プロモーション資材作成については、医療系広告代理店に外注している製薬会社が多いように感じます。
私はこの分野のメディカルライターでした。

 

CRO(医薬品開発業務受託機関)で働く場合(稀に製薬会社も)

医薬品開発に関わる資料の全てを作成します。
秘密保持が原則となりますが、医療現場では知ることができない医薬品の機密情報を知ることができます。
PMDA(医薬品医療機器総合機構)に掲載されている各医薬品の「申請資料概要」の作成が、新薬の承認に関わることのできる花形業務となります。
その他、臨床試験の企画書や厚生労働省に提出する報告書、薬事申請に関する資料の作成があります。
こういった資材はそもそも製薬会社で全て作成していましたが、新薬はなかなか開発できません。
新薬開発がないと開発関連の部署の仕事は・・・。
人件費がもったいないと感じたのでしょうか。
開発関連の資料作成については、CROに外注している製薬会社が多いように感じます。

 

メディカルライターの勤務地は?

大多数のメディカルライターにとっては製薬会社が雇用主または依頼元となるため、製薬会社の本社が集結している東京での求人数が断トツで、次いで大阪となります。

 

メディカルライターの年収は?

製薬会社勤務が最も年収が高いですが、新卒ではまず配属されないため、詳細は不明です。
また、先ほどお伝えしたように外部委託に移行しているため、製薬会社でメディカルライターの正社員として働くのはとても難しいと思います。
また、製薬会社でメディカルライターと関わりがあるのは、マーケティング、プロモーション、学術のような部署になるため、製薬会社勤務の場合は、ライターとして働くというのとは少し異なるかもしれません。

こちらの表では、広告代理店、CROの年収をご紹介します。

勤務地 年収 特記事項 転職サイト
東京 450
~500万
おそらく
医療系広告代理店
ファルマスタッフ
東京 500
~700万
医療系広告代理店
在宅可
ファルマスタッフ
東京 450
~800万
医療系広告代理店 マイナビ薬剤師
東京 450
~600万
医療系広告代理店 マイナビ薬剤師
東京 400
~600万
エムスリーグループ
のCRO
マイナビ薬剤師
東京
/大阪
450
~700万
内資系CRO マイナビ薬剤師
東京
/大阪
401
~600万
宣伝・広報・
企画・キャンペーン
提案企業
マイナビ薬剤師
大阪 350
~600万
薬キャリ AGENT
大阪 400
~1100万
医療系広告代理店 マイナビ薬剤師

注)初回記事掲載時の求人です。

 

メディカルライターとして働く方法は?


こちらの記事では、メディカルライターの仕事についての全てをご紹介しています。
次に、メディカルライターとして働く方法をご紹介します。

 

未経験でも転職できる?薬剤師資格は必要?

上の表で紹介したほぼ全ての求人が未経験可となっていますが、次のような条件をもつ方が採用されやすいようです。

■メディカルライターとして歓迎される条件
英語力、MR等の医療業界経験者、薬剤師・看護師等の有資格者、理系卒

 

転職サイトに登録する

上の表で紹介した求人は転職サイトへの登録なしで確認できましたが、申し込むためには登録が必須です。
また、ライター未経験者は転職サイトの力を借りるのがおすすめです。
何故なら、広告代理店業界は医療系でも基本的に激務なため、入社してから大後悔→即退社となることも少なくありません。

コンサルタントから気になる会社のリアルな勤務状況を教えてもらい、会社で働く人達を面接時にしっかり観察しましょう。

 

副業・在宅ワークは可能?

上の表で紹介した求人を確認したところ、基本は会社での勤務でした。
まだ世に出ていない情報を扱うことが多いため、在宅ワークできる仕事が限られてくるのかもしれません。
私がメディカルライターとして働いていたころ、元同僚に個人的なツテで外注することがありましたが、そういった場合は、結果的に在宅ワークという形になっていました。
また、独立して、かつて在籍していた会社専門の在宅ライターから手を広げた方もいました。
Medical Tribune(メディカルトリビューン)社からは次のような求人もあります。(2022.11月確認)
このような求人は薬剤師資格は必要ないため、doda のような一般の転職サイトで取り扱っています。

まずは会社で経験を積み、フリーランスとして副業・在宅ワークすることは可能です。

 

まとめ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
メディカルライターの仕事を無理やり3種類に分類してご紹介しました。
メディカルライターについて調べている内にまた働きたくなってしまって、医薬品プロモーション資材監修の求人を探すために転職サイトへ登録しましたが、募集はゼロ、コンサルタントもかなり消極的で、レア求人をブログで紹介しないで欲しいなぁと残念な気持ちになってしまいました。
(体験談はOKです。ただ、そのサイトはレア求人を普通に紹介して「こんな求人あるよ~、みんなも応募してね」という雰囲気だったもので)

まあ、それはさておき、メディカルライターに挑戦したい方、在宅ワーク・副業できる仕事を探している全ての方に、今回の記事がお役に立てばとても嬉しく思います。

本記事の執筆にあたり参考にしたサイトは以下となります。

メディカルライターとは?仕事内容や年収、やりがいについてマイナビ薬剤師