薬剤師アモーレのブログ

お薬業界について感じたことをつらつらと。

LINEが処方薬の配送に参入!│現役薬剤師が衝撃のニュースを解説

LINEは2022年12月1日、オンライン診察サービス「LINEドクター」で同日、処方薬の配送を始めたと発表した。

通常配送であれば1~4日で届く。配送料は440円。東京都内の一部の地域は即日配送にも対応し、配送料は1050円となる。

対象となるのは、LINEドクターと提携し、院内処方をしている医療機関。

病院側が独自に薬を配送するケースはあったが、LINEが提携するヤマト運輸などの物流業者を活用してもらう。

参考:日本経済新聞電子版

 

今回は、LINEの処方薬の配送について考察します。

 

 

LINEの医療サービスについて

LINEの医療サービスとしては、LINEドクターがあります。

LINEドクターは、LINEのビデオ通話を通じた医師の診療、お薬の処方、配送までワンストップで受ける事ができるオンライン診療サービスです。

LINEドクターではこれまで、患者さんの自宅か希望する薬局に、医療機関から処方せんが送られるシステムでした。

 

ところが、

「薬の配送が可能な薬局との連携をしてほしい」「薬局の検索機能をつけてほしい」という、薬の配送に対するご意見、ご要望もいただいておりました。

このような声が集まったことで、処方薬の配送に着手したようです。

 

LINEの現状

LINEって実は焦っているって知ってましたか?

こちらのニュースがきっかけで、官公庁や大手は撤退しているようです。

だって、○国に情報漏洩したら困ります。

各薬局も、今はLINE頼みでも、(大変だろうけど)独自アプリを開発しないと、また情報漏洩問題でトラブルに巻き込まれることが推測できます。

 

最後に

ついに、LINEが処方薬の配送に着手してしまいました。

もちろん、2023年1月からの電子処方せん解禁を見据えてのことでしょう。

かなりの数の薬局がLINEで公式アプリを作ってオンライン服薬指導のツールとして活用している為、処方薬の配送には踏み込んでこないと思っていましたが、予想は見事に外れてしまいました。

LINEに頼っていた薬局は戦々恐々ですね。

この先はどんな展開を見せてくれるのでしょうか。

まさか、配送手配が院内処方の医療機関だけで終わるわけ、ないですよね。。

 

LINE頼みの調剤薬局に勤めている方、転職を検討する時期がやってきたのかもしれません。

転職活動真っ最中の方、新しい職場はしっかり精査してくださいね。

LINE頼みの調剤薬局の場合、この先、どうなるのか予想がつきません。

 

新しい職場を探すのはとても大変なので、薬キャリ マイナビ薬剤師 ファルマスタッフ アポプラス薬剤師 、お仕事ラボ などの転職会社でサポートを受けるのがおすすめです。