薬剤師アモーレのブログ

お薬業界について感じたことをつらつらと。

コンビニ(ファミマ)で処方薬の受け取りができるようになりました

2022年5月といえば、処方薬を薬局以外で受け取るトピックスが目を引きました。

今回は、薬局以外での処方薬の受け取りについてまとめました。

 

 

コンビニで処方薬の受取り

ファミリーマート「ファミマシー」

2022年5月26日より、東京都内の2400店舗で処方薬を受け取れるサービスを始めると発表

 

おかぴファーマシステムが運営する「どどくすり薬局」や提携する薬局でオンライン服薬指導を受けた場合、患者が指定した店舗に最短翌日に届けるサービス。

 

◆おかぴファーマシステム◆
・凸版印刷株式会社の100%子会社として2019年10月1日に設立
・調剤薬局3店舗

 

セブンイレブン

神奈川県内の17店舗で調剤薬局大手のアインホールディングスと提携し、店内ロッカーでの処方薬受け取りを実証実験中。

 

◆アインホールディングス◆
・調剤薬局業界において2021年度の売上NO.1
・アイン薬局を軸として、M&Aにより傘下となった他薬局もアイングループとして運営。店舗数は1,000店を超え業界最多。

 

ドラッグストアのコインロッカーで処方薬の受取り

ウエルシアホールディングス

2023年2月までに、処方薬を補完する専用ロッカーの設置店を現在の4倍超の約260店に増やすと発表

 

ドラッグストアが終日営業の店舗にロッカーを設置することで、患者の仕事や移動に合わせて薬を受け取るなど、多様なライフスタイルに対応できるとみている。

 

◆ウエルシアホールディングス◆
・ドラッグストア業界最大手
・店舗数約2,400店
・イオングループの傘下

 

ココカラファイン

処方薬受け取りロッカーは9店

 

最後に

調剤薬局専業でない会社の方がやることが早い印象。

どの企業も生き残りをかけています。

診察から薬の説明までの全てがオンラインなので、いつもの薬が欲しい場合はとても助かりますね。

子育て業界に上手に参入できたら一挙に普及するのに、いろいろな壁がありそうですね。